カテゴリー「ビジネス」の記事

2009/08/10

バランス・スコアカード

今日は、勉強会に参加です。

Photo

4つの視点で考える

1.財務の視点
2.顧客の視点
3.業務プロセスの視点
4.人材と変革の視点

色々と気付きをいただけるセミナーでした。

伊藤先生ありがとうございました。

気まぐれで勉強する社長の会社は → 特発三協

今日のポイント

・継続は力なり

3年ほど前に伊藤先生の講演を聴く機会があり

その時に、「従業員の夢をすべて知っています。」

と、言われていたので本日質問しました。

「まだ、大丈夫です従業員が100名超すまでがんばります。」

と、答えていただきました。

時間を作って対話することは大切ですね。 (゚ー゚)

   にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ   人気ブログランキングへ   ブログランキング【くつろぐ】

 

薄板金属部品 1個から 量産加工まで

特発三協製作所 ↓

Head01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

経営理念

「経営理念はありますか?」

ISOの審査で聞かれたり、コンサルティングの方に聞かれたりします。
どうして、聞かれるのか?

経営理念がなくても商売は出来ます。

しかし、私はある方がよいと思います。

弊社の経営理念も7年前に決めて去年に少し変更しました。

今では、毎朝朝礼の時に唱和するようにしています。

弊社が今後ありたい姿を従業員全員で読み上げて

何か決断をしなければいけないときの基準にしています。

「そんなん読んでどうなるねん」と

言われる方もいますが、小さなことから地道にやっていくことで

従業員の考え方が共有されていき、目的地に到達できるのではないかと考えています。

Head01

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

バーチャル工場見学出来ます

特発三協のホームページには、工場見学の動画があります。

Movie
薄板ばねの加工方法や、マルチフォーミングマシン、プレス機などの機械がどのように動くのかを見て貰えます。

実際に工場を見学して貰うのが良いのですが、海のものとも山のものともつかぬ会社に見学に行くのはリスクがあります。

まずは、動画を見ていただいて興味がある方は、問い合わせをいただけたらと思います。

 

 


Head01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

工場見学を受け入れています

特発三協では、社会貢献の一貫として工場見学を受け入れしています。

今までに、

子供ものづくり体験ツアー
ベトナム日本センター ビジネスコース講師研修
尼っ子サマースクール
大阪府工業協会会社見学会

などを受け入れしています。

詳しくは、弊社ホームページ

Photo_4

 

かっこいいところを見て貰えるように5S活動を推進しています。

特発三協製作所

続きを読む "工場見学を受け入れています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

顔の見えるホームページ

特発三協のホームページは、従業員が登場します。
Top_img01
弊社は、薄板バネを作っていますが、それを作っているのは人です。

そこで、全従業員が登場するページを作っています。

今月誕生日の社員紹介

ただ写真だけだとおもしろくないので、
■将来の夢
■現在担当している仕事
■一つだけどんな願い事でも叶うなら何をお願いしますか?
を、文字数を決めて書いてもらっています。

時には、子供に書いてもらった似顔絵を掲載している人もいます。

ただ、取引先だけに見せるのではなく、従業員の家族に見せたり

友達に見せたり出来るホームページになるようにしています。

株式会社 特発三協製作所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

今日は委員会開催日です。

特発三協では、委員会活動を始めました。

組織とは別に5委員会つくり、従業員はすべてどこかの委員会に所属します。

経営理念委員会、安全推進委員会、環境管理委員会、環境整備委員会、現場カイゼン委員会

月に2回会議を行い、実行計画策定から幹部会議への報告を行うことになります。

Img_0571 会社の進むべき道筋は、経営計画書を通じて示しているので

それを具体的にする方法を考えてもらいます。

しかし、方向性があっているかどうかは幹部会議で確認します。

自分たちで考えてやってみる。そして結果をみて、また考え作戦を立てる。

この先どうなるか楽しみです。

株式会社 特発三協製作所

| | コメント (0) | トラックバック (0)