« ルーツ | トップページ

2016/06/16

立花町2丁目

その後、昭和15年に尼崎市立花町2丁目に移り住んで戦後を迎えてます。
戦後は、共同で会社を起こし生産担当として自宅兼工場で物作りしていたようです。しかし、昭和30年に若くして死去。共同の会社は解散。自宅兼工場で兄弟親戚で再スタートしたのが、現在の特発三協製作所のルーツとなります。
昭和30年当時社長は、片谷渡18歳。現在会長の片谷淳一は15歳の高校生でした。会長から当時の話を聞くと、学校から帰ってきて機械を動かし生産して自転車で納品しに行き、帰ってきて機械動かし生産の日々だったそうです。
工場に働きに来ている人たちは、近所の人たちでした。
 昭和42年に尼崎市三反田町に工場移転をします。今まで働いてくれていた人たちには通勤が遠くなるので会社でマイクロバスを購入し送迎して人員を確保していました。人を集めるのに大変な時代だったのです。

|

« ルーツ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539111/63785440

この記事へのトラックバック一覧です: 立花町2丁目:

« ルーツ | トップページ