« 自動車大手8社の7~9月木金休み土日稼働 | トップページ | 神戸マラソン走ります。 »

2011/07/11

就職活動中の学生と対話して思うこと

先日、就職活動中の学生さんと対話する機会がありました。



「あなたは内定もらってませんよね
貰っているひともいますよね
あなたとその人の違いはなんですか?」


なが~い  沈 黙


A君
「行動ですか? ・・・・・ いや、行動です。」

疑問形から断言に発言を替える


「どうして、疑問形から断言に替えましたか。」

A君
「・・・・・・。」


「断言するように教えられましたか。」

A君
「はい。」


「どうして断言しましょうと教えるのだと思いますか。」

A君
「・・・・・・。」



私は、彼の考えが聞きたかった。
私も正解を持っていない。
答えはどんなものでもよかった。
どのように考えるか知りたかった。


別の質問もしてみた


「あなた達は同じようなスーツを着、
同じようにメモを取り、同じように質問する。

私はこの中から一人選ばないといけません。
もし、あなたが私の立場だったら、どうしますか。」

3名
「・・・・・・・。」

個性を尊重するといわれて教育を受けてきた人たちだからこそ
自分の考えを持っているだろうとどんな答えでもいいから
答えてほしかった。
君たちはどう考えているんだ。
君たちはどう思っているんだ。


別の質問


「内定決まっている人と決まっていない人の違いはどこにあると考えられますか。」

B君
「個性です。」


「個性といいましたが、同じような服を着て同じ行動をしている君たちのどこに個性があるのですか。」

B君
「・・・・・・。」

正解がないことは社会に出ればいくらでもある。
「これが答えです。」これは受験勉強の時ぐらいだ。

お客様に喜んでもらう方法は、無限にある。
正解はない。
無限にあるのだ。

その無限にあるものから最適だと思われるものを選び実行する。

無限にある方法を考えられない人たちは、「自動販売機」
ボタンを押されないと答えを出さない。
教えてもらっていること以外はできない。


・自分ならどう考えるか?
・自分ならどうするか?


・普段からの考え方
・普段からの生き様
・普段からの行動

そこを面接官は見ているのだよ。
マニュアル通りに行動する「自動販売機君」は人気薄。


君はどうありたいの?
君はどう考えるの?

自分に問いかける時間はたくさんあるだろうに


自分で考えた「自分の考え」を持とうよ。

|

« 自動車大手8社の7~9月木金休み土日稼働 | トップページ | 神戸マラソン走ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539111/52176215

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動中の学生と対話して思うこと:

« 自動車大手8社の7~9月木金休み土日稼働 | トップページ | 神戸マラソン走ります。 »