« 機械要素、加工技術を一堂に集めた日本最大の専門展 | トップページ | マルチフォーミング と プレス の違い »

2009/05/20

自動車減産緩和を実感しています。

弊社は、自動車部品(薄板バネ)を受注生産しています。

そのため、去年末から始まった自動車生産の減産は

弊社の収益に直接影響がありましたが、5月頃から減産が緩和される報道があったとおり

いままで、少なかった注文が4月から徐々に増えてきています。

どこまで、元の状態に戻るのかはわかりませんが、底を打ち回復してきています。

運転座席のシートリフター部品は、 月60万個流れていたのが

最低の時は20万個まで落ちましたが、ついに54万個まで回復してきています。

まだ、在庫調整が済んでいない製品もあるようで、以前と同じ売上にはまだまだですが

プリウスなどが売れることにより、裾野の広い自動車業界が早く復活することを祈ります。

薄板ばね、皿ばね、ウェーブワッシャーで「こんなモノが出来ないか?」にお応えします。

お気軽にご連絡ください。

特発三協製作所

|

« 機械要素、加工技術を一堂に集めた日本最大の専門展 | トップページ | マルチフォーミング と プレス の違い »

コメント

そうですか。底を打ち回復を実感されていますか。うらやましいです。私のところは、設備関係で、生産が戻り少し経たないとだめですかね。

投稿: 大谷技研 | 2009/05/22 02:05

大谷技研様

生産が戻ってこなければ、設備の話もでないでしょうが、戻ってきているのでもう少しの辛抱ではないでしょうか。

投稿: 片谷 | 2009/05/22 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539111/45072061

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車減産緩和を実感しています。:

« 機械要素、加工技術を一堂に集めた日本最大の専門展 | トップページ | マルチフォーミング と プレス の違い »